読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pegawa's blog

昔 ピープルという ビデオレンタル屋がありました 都築さまより<a href=http://roadsidediaries.blogspot.com/2009/11/blog-post_11.html>ビデオ・スターの死</a>

ピープルとトイレ

f:id:pegawa:20130613054452j:plain

レンタルビデオ屋ピープルは、だいたい売り場面積は6畳一間。

で、その狭い空間の中に2万本以上のビデオのパッケージがひしめいていたので、

(まあ2万の内3分の1ぐらいは、箱から取り出してファイリングしてあったが)

実際は3畳、いや2畳ぐらいしか、お客さんがいるスペースはなかった。

 

だから、「まずトイレなんかは無い」と、お客さんに勝手に思われていた。

でも、実は存在していたのだ。

もともとは、住居にもなる1DKなので、なんと風呂もあった!

当然使ってはなかったけど。

 

のっぴきならない状態になったお客さんに貸したこともある。

お客さんとしては、「まさかこんな狭い店にあるはずは無い」

の思い込んでいるので、「近所にトイレないか?」と前かがみの姿勢で聞いてくる。

しょうがないので、秘密のドアを開ける!

 

 

その秘密とは!!!!!!!!!!!!!

 

まあ、知ってしまうと、たいしたことではないのだが。

 

店入って右側の、アダルトコーナーの棚真ん中が移動するのである!

昔、ビデオテープの販売を行っていた細長い什器、

それにコロコロ動く車輪を4個つけてあった。

 

そのアダルトパッケージ満載の隠しトビラを動かすと、

いきなりドアがあって、そのドアを開けると

秘密の部屋が!!!!!

と、いうほどではないが・・・・

まあでも、たいていの人はビックリする。

ピープルに来たことある人でも、

今読んでビックリしてる人はいるはずだ!

 

その部屋はもともと、バストイレ、洗面台つき。

売り場面積に比べると、不必要なぐらい贅沢なスペース。

小さいライブハウスのトイレに比べたら格段に大きい!

あと窓が2個、トイレの中にあったので臭くなかったし。

 

湯船にはステンレスの棚が無理やり入れられて

倉庫になっており、なぜか、まったく使ってないLDが

かなりの量保管してあった。

 

あと、すぐには使わない、いろんな資材。

だから、満員の時

アダルトのパッケージを物色している

お客様をカキワケテ開けることになる。

 

恐れおののく人民の前で、

海の中に道を作ったモーゼのように。

 

あのトイレ、お客さんで使った人は、

ほとんど夜中飲んで、でも

ピープルの急な階段を上がれるぐらいの

生焼けの酔っ払いである。

だから、貸してあげると、あまりにびっくりして

使用後は、いきなりシャンとシラフになる!

ほとんどそうで、面白かった。

 

酔い覚ましには

ビックリが一番!