読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pegawa's blog

昔 ピープルという ビデオレンタル屋がありました 都築さまより<a href=http://roadsidediaries.blogspot.com/2009/11/blog-post_11.html>ビデオ・スターの死</a>

レンタルビデオ物語 その15

殺してやるTシャツf:id:pegawa:20131020165035j:plain

 

f:id:pegawa:20131020142358j:plain

写真3円

f:id:pegawa:20131019081140j:plain

 

これじゃなんのトレナーだかさっぱり・・・・ジンメンに驚く不動明 なんだけど・・・・まだ持ってます。

 

自分が経営者となったからには、様々な試行錯誤もしてみた。
ザ・多角経営!
日経みたい!
スーツは男を変えさせる!
まずは写真のプリントビジネス!

要するに、DPEの委託で写真の現像を受けるんである。
まだまだ『写るんです』などのレンズ付きフィルム全盛時代!
多い時は、1日10本ぐらいの依頼があった。
単価が安いのでそんなに儲かりはしなかったが、
ちょっとは2階にある怪しいレンタルビデオ店に人をアゲル呼び水にはなったと思う。
まあ結局、一番現像に出してたのは、簡易カメラを持ち歩いて
バシャバシャ写真を撮りまくっていた僕であったのだけど・・・・。
のちには、時計の修理の受け付けなんてものボチボチやってた。

そういえば僕が入った時にはもうなかったけど、初代店長はコピー機を店に置いていたらしい。
80年代当時の笹塚はコンビニがほとんどなかったので、夜中などそれで繁盛してたそうだ。
まあ、10円20円の小商いであるが。

知り合いのツテで、ナゼかTシャツ販売もやった。
それも、ナゼかアニメTシャツ。
あの当時は『新世紀エヴァンゲリオン』の大ヒットで、
アニメに関心のある「普通の大人」も大分増えてきていて、
コスパというメーカーが、ちょっとカッチョイイ、
ヲタク向けというよりどっちかというとロックテイストのTシャツを販売していた。
恐る恐る仕入れてみたら、これが飛ぶように売れた!
3000円4000円5000円のものが次々に!

エヴァンゲリオン』の、例えば「殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる」ってアスカのセリフの書いてあるデザインのもの、
『エヴァ』のザコキャラ・J.A.のもの、
デビルマン』のヒロイン、美樹ちゃんの生首が飛んでいる、あの有名な一コマをプリントしたもの。
そういったデザインのT シャツが僕のお気に入りであったが、
そんなのは数枚しか売れず
(まあ、買ったのは僕と友人・・・)
一番、爆発的に売れたのは

『ガンダム』

それも緑地にザクのモノアイがプリントしてあるだけと言う、
シンプルなデザインのTシャツ!
もう売れる売れる!
200枚近く、同じ種類が売れた!

カタログ・・・というか、ただのカラーコピーをお客さんに見せて注文もとった。
予約だけで50枚とかあるブツも。
連日、「SだLだ、XLだ」と大騒ぎ。
コスパの人が直接営業にくるぐらい!
浮かれた僕は興奮して、コスパの営業マンに
2時間も3時間も「売れる売れる」と言い続けた。
確かに、あの規模(ワンルームマンション一室程度の広さ)の店で、あれだけ売れるのは珍しかったらしい。
しかし、営業の人は迷惑だったっぽい。
あとで、間を取り持った人に叱られた。

『ガンダム』Tシャツはそのうち6000円ぐらいのバッジ付きパッケージになり、
実は『ガンダム』にあまり詳しくない僕にはわからない、マイナーなキャラクターものも多くなった。
でもまだまだ売れ続けた。

しかし・・・・・。
欲を出して、トレーナーに手を出してから、
雲行きが怪しくなった。
Tシャツは委託で売れ残りは返品できたが、
トレーナーなどの高額商品は買取・・。
1着8000円近く!
で、最後の方は、カウチンとかいうカーディガンのデカイやつ!
これは2万近く!
インベーダー柄の・・・。
さすがに売れなったなあ~。
注文で受ければよかったのに、店に飾ろうと注文したのが
運のつき・・・結局僕のワードローブに・・・。
ジンメンに驚く不動明の『デビルマン』トレーナー、8000円・・・。
シャア専用ムサイの『ガンダム』トレーナー1万2000円・・・。
意外と丈夫でまだ愛用しています。
カウチンはボロボロになったけど。

他には、『ポケモン』Tシャツなんかも取り扱っていた。
そんなに売れなかったが、商店街の福引の商品にするとみんなに喜ばれた。
街の怪しい店が、世の中の役に立った唯一のこと。

f:id:pegawa:20070928012446j:plain