読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pegawa's blog

昔 ピープルという ビデオレンタル屋がありました 都築さまより<a href=http://roadsidediaries.blogspot.com/2009/11/blog-post_11.html>ビデオ・スターの死</a>

バンドのこと 3


飢餓飢餓帰郷/遠藤ミチロウ - YouTube 平沢進 キーボードなど

 

高校3年生の時に吉祥寺ヤマハでやった自主企画ライブ(前回参照)が、
江川バンド最後の、お別れ企画のはずだった。

が、楽しいバンドライフに味をしめた僕は、学外の友とまたバンドを組んだ。
受験生なのに・・・。
そういえば、ビデオアートにかぶれて撮影しまくっていたのも高校三年の時だったなあ。
なぜそんな時期に色々やったんだろう。
今考えると謎・・・・まあ、だから浪人したんだけど・・・。

私立の高校に通っていた幼馴染のT君がドラム。
そのつながりでギターとベースも決まった。
やったのは、またまたスターリンのコピーバンド。
そのバンドでは、結構頻繁にホールで演奏した。
みんな受験生なのに・・・。
当時、地元のPA屋さん主催の企画ライブが結構あったのである。
当然ノルマあり。

そんなアマバンライブの客席に、あるときなぜか、妙齢のご婦人たちの姿があった。
めずらしいなあ、と思ったが、ステージからは顔がよく見えない。
気にしない事にして、僕らはいつものようにバカみたいなライブをやった。
きっちり目の周りもメイクして。

出番が終わってステージから下りた僕に、
「これでなんか食べなさい!」
と5000円を僕に握らせてくれたのは、ダレあろう知り合いのおばさん・・・。
そして、その後ろでうなだれている母・・・。

あああああああああああ。

こんなに恥ずかしいことがあるであろうか!!!
内緒にしてたのに、おばさんの息子ルートからバレたらしい。
イヤイヤイヤ!

打ち上げ。
ロッテリアでシェイク&バーガー。
だが、僕はライブの高揚感よりも、
あの姿を身内に見られた恥ずかしさに打ちひしがれていた・・・。
いや、ロックンローラーならばこれはダレもが体験するに違いない!たぶん・・・・。

演目がスターリンじゃなくて、せめてP-MODELだったら・・・

もう何十年も前のことだが、
今でも突然そのことを思い出してカアーーーーーーーーと顔が熱くなり、
眠れなくなることがある・・・・。
昨夜もそうだった・・・。
だってねえ、僕、あの時ステージの下で客と殴りあったりしてたんだもの・・・・。
Tシャツは破れてるし・・・。
ほら、パンクだから・・・・・・。





・・・・・・・・あああああああああああ!!!
イヤイヤイヤ!!!!!!

家に帰りたくなかった。

が、このまま何処かに消えるわけにもいかないので、
僕は何事もなかったかのような顔をして、お家に帰った。
母も、なにも言わなかった。
夕ご飯はカレーライスだった。

その後、この話が家族の間で出たことは一回もない。
今でも、父はたぶん、僕があの頃バンドやってた事を知らない。
当然、まだバンドを続けているとは夢にも思わないだろう。
ああ、父母がインターネットやってなくてホントよかった!!
実家パソコンもないし!

世の名、知らなくていいこともある。